ミニヨットへの道

 
スーパーカブでヨット遊びしてきました。






本日の追加部品はリーボードです。
といっても単なる杉板ですが・・・(笑)



今日は風も穏やかでしたが、リーボードのおかげか?微速ながら走りました。



カブで海まで走って、海の上はヨットでスィー
風が超気持ちいいです。



で、気になってるのがこのミニヨットです。

MINUET YACHTS
https://youtu.be/D3QE01xWrAQ



大型のラジコン・ヨットかと思ったら人が乗るヨットです。

minuet yachts 2.
https://youtu.be/lReTd6V33MM


minuet maindenhead
https://youtu.be/UbAf9XbJVvc


まだミニボートも完成していませんが、心は既にミニ・ヨットに釘付けです。


「きのくに海南 歩っとウォーク」歩いてきました。

 
地元のウォーキング・イベント「きのくに海南 歩っとウォーク」の24kmコースに参加してきました。

きのくに海南 歩っとウォーク
http://www.city.kainan.lg.jp/kakubusho/kyoikuiinkai/shogaigakusyuka/event/sportivent/hotto_uoku/1361241015189.html


お天気が良過ぎで暑かったのですが、その前に、この大会は町内会のゆるい仲良しウォーキング会だと思っていたのですが、なんと北は北海道から南は鹿児島まで全国から健脚達が参加する公式の競技大会でした。

スタート同時にえっ?えっ!えっ!とビックリする間もないほどのスートダッシュ!もうウォーキンクじゃなくて競歩レベルです。中には小走りに順位を上げる人もいて、あっという間に先頭集団は消えていきました。普段の2倍以上の速度で歩きましたが全く追い付けませんでした。



どうやら全国を渡り歩いている組織的軍団も参加するポピュラーな大会だったようです。そんなことでコース設定もキツ目でアップダウンの連続、うっかり手を出したら火傷する大会でした。中学の部活以来のバテようです。





お楽しみは各チエックポイントのふるまいサービスで、しらす丼やかき氷、フルート等など色々盛り沢山でした。サポーターの方々に感謝です。






しかし、参加者を見ると60才前後の高齢者が多かったようようです。
それと女性、おばちゃんから若いギャルまで皆さんお元気です。

逆に元気が無かったのは若い男子で、ほとんど見かけませんでした。
精子の勢いが弱ってるんでしょうか?
少子化になっているのも納得です。

参加賞はこんな感じでした。


お風呂のスポンジは最初の受付で渡されました。
スポンジ持って24km歩けというアトラクションです。

よくわかりませんが公式の記録チエットをもらいました。
これを集めるのに全国から参加者が来てるようです。

温泉の割引券と飴玉も付いてました。
飴玉はいいとして、温泉の割引券は850円が650円になるという微妙なお得感?でした。

タイムリーな「疲れフットぶ!」は早速使わせもらいました。
明日歩けるでしょうか?

毎年この時期に開催してますので健脚自慢の方は是非ご参加ください。
実は明日もやってます。当日参加OK!今からでも間に合いますよ。

ミニ船長への道 夢は夜ひらく


このところ夜な夜な納屋に篭っています。

夕食後、愛犬チョビとのボール遊びをすませてからコーヒーを持って納屋に直行です。
今夜も作業開始です。

初夜、まずは基礎の切り出しです。
実に簡単な工作ですが、このサイズを決心するまでに物凄く時間がかかりました。
エイヤーと切り出したら段々と楽しくなってきました。


2日目、作業はそれほざ進んでませんが、部品を切り出してそれを眺めているのがなんだか楽しいのです。
部品が出来てくるとプラモデル感覚になってきます。


3日目、ようやく枠を立ち上げました。
エンジンを乗せてコックピットに座るとその気になってきます。


4日目、ここからが難工事です。
サイズの問題で30cmほどの空間にギュッとベニアをねじ込むデザインになっています。この曲げ加工はかなり無理があるかもしれません。
ということで枠まで完成


こんな具合に毎夜「夢は夜ひらく」のです。
納屋は癒やしの空間なのです。

藤圭子 圭子の夢は夜ひらく
https://youtu.be/AImrOR_qqSg


この曲、子供の頃に聴いた時エロいと思いましたが、
今聴いてもかなりエロいですね。(笑)

夕日で充電! サブミラー付き

 
週末の〆はやっぱり夕日でしょう。
いつもの海にサブミラーをトッピングしてみました。



ミラーといっても元はサングラスです。
レイバンじゃなくて100均ジャンクですがピカリます。
ダブルクリップでミラーに挟んみました。


この元サングラス、非妙に湾曲しているので広角に視野を捉えます。
万が一、何かに衝突した場合は自動的に折り畳むので安全です。



こういうグッズがあってもいいかもしれません。
特許出願してみれば?

そんなことより夕日が綺麗でした。
明日からの仕事のために充電!


夕日で充電!
https://youtu.be/gP6lyjDHPMI



ミニ船長への道 始動!

 
GW明けは仕事のローテーション的に何かと忙しいのです。
忙しい時ほど妄想は膨らむもので、頭の中はボートでいっぱいになりました。
もうこうなると吐き出すしかありません。

タイミングよく本日は雨でした。
雨の日の納屋ワークは心が落ち着くものです。


サイズ的に近いバインブーカヤックをベースに現物合わせを行いました。
特に今回は車への積み込みで片側のリアシートを倒してポン積みできる全長170cm、全幅65cm、全高60cm内にしたいと思います。


何を悩んでいるのかというと、工作手順です。
ある程度、完成品のイメージは固まっているのですが、そこに辿り着くためのパスは何通りもあって、そのルートによっては時間はかかるが平坦で簡単だったり、エイヤーと一気に登りきる単路だったり、後々のメンテナンスも考慮して、道しるべとなる作業スペースを残しつつ進めるとか、山登りと同じような沢山のルート取りがあるわけです。

今回のボートは模型作りの延長線上にあるもので、デカくて人が乗れるサイズの模型船なのです。模型道において、未完成の美しさと、未完だからこそ無限に広がるの価値増大の可能性を秘めているのですが、一度完成してしまうと単なるオブジェ、興味もないものからすると粗大ゴミ扱いされてしまうポンコツな遊びなわけです。


おそらく完成して数回も遊べは満足して、あとは厄介な納屋のゴミになることは見え透けています。つまりテストを含め完成するまでが、この船の賞味期限なわけです。

そうなると、できるだけじっくりと時間をかけて作るのが良いわけですが、何せ、多趣味で飽き性なもので、あまり引っ張り過ぎると途中で塩漬け、あるいは発酵過程として長期間保存することになります。
過去に3年間発酵させたペーパークラフトのモンサンとか、いまだに発酵させているタグボートとかあって部屋はゴミ箱状態です。

未完の美学 模型道
http://ttripper.blogspot.jp/2015/03/blog-post_21.html

しかし人生は有限であり、最も尊いものはお金でなく時間なのです。
できれば今年度中にミニ船長になりたいと思っているので先を急ぎたいと思います。
何せエンジンを調達しのは去年、すでに1年程塩漬けしてますからね。


久々にエンジンをかけてみました。
ついでに排気を逃がすために煙突のテストをしてみました。

一つは蛇口のパイプ、もう一つは着火ライターの筒とシリコンパイプでいずれも廃品です。小さなエンジンなのでそれほど大きな排気音はしませんが出来るだけ消音したいのです。

Mini engine pump silencer test
https://youtu.be/mfAATwje4Zg


結果、煙突のない状態に比べて、蛇口パイプはポンポンと煩いのですが、着火ライターのほうは適度に穴が開いてるのでパサパサした音で静かです。とにかく排気を上に逃がせばいいので、今のところ着火ライターを採用予定です。

火入れをしてテンションも温まってきたところですが・・・
こんな状態なのでちっとも進まないのです。


本日はここまで!

プリミティブ テクノロジー 「トンガを作る」

 
プリミティブ テクノロジーといえば、このオッチャンが有名ですが、
田舎生活ではそれほど珍しい光景ではありません。

Primitive Technology
https://www.youtube.com/channel/UCAL3JXZSzSm8AlZyD3nQdBA


先日のタケノコ掘りで折れてしまったトンガですが、よく見ると以前に修復された跡がありました。おかげでタケノコと勝負してその部分からポッキリ折れたようです。


ジジが山でカシの木を切ってきてトンガの修復を依頼されました。
カシの木は非常に固くてトンガや鍬の柄によく使われます。


使う道具は今流ですが、天然の曲がった木材から出来るだけ真っ直ぐな材を作るのは難しいものです。



多少デコボコしていますが、グリップの箇所を考慮してのことです。


田舎生活は原始生活に近いものがあります。
新しいトンガはいい感じです。


畑はマメ祭り状態です。




構造体をお絵描きするゲーム MIT Scratch AP Structure Mania 2

 
以前 「Structure Mania」というベクトルの構造体をお絵描きするアプリを公開したところ、Featured project にも選ばれ子供達に大変人気がありました。
今回はその続編として「Structure Mania 2」を公開しました。

MIT Scratch AP Structure Mania 2
https://scratch.mit.edu/projects/157613632/


デコボコの地面が追加されて重力や反応係数も変更できるようになっています。
無重力の設定も出来るので空中浮遊する構造体も作れます。

https://youtu.be/04delMnEcvs


重力を0.05以下程度に設定すると落下して地面と衝突しても構造体が壊れることなくバウンドしながら転がる姿を観察できます。計算式で無理やり動かす剛体シミュレーションとは違う本来の構造体の動きに近いと思います。